Rising Conservatism and technological progress


私が日本語で書いたものを読むことに興味のある人のために、これを過ぎてグーグル翻訳にコピーするつもりです。

そして、私たちは翻訳を笑うことができます

I few things have come to my attention which could be connected. I’m not a sociologist so I may be wrong. Recently I have been listening to the Jordan Peterson. He is a psychology professor at the university of Toronto. In one of his talks he mentioned the difference between conservative brains and liberal brains. He said that conservatives tend to have high orderliness. They like things as they are and tend to want to put borders between things. Liberals tend not to be so high in orderliness and have an inclination to open things up. They tend to want to change systems and explore alternative ideas to hopefully improve on the current situation. This reminded me of something else i had read. I’m sorry I don’t remember where I read it. It said that extreme conservatism grows when things are being perceived to be changing too fast. In other words, when there is rapid change people are more inclined to shift towards conservatives to counter the change

In the modern era rapid change has often been attributed to liberal political movements however rapid change historically has been directly linked to development of new technologies. Conservatism seems to be on the rise globally, right wing groups seem to be getting more followers then previous decades. If rising conservatism in a group tends to be a reaction to excessive change then I suggest that this trend is related to the fast rate of technological change the global society is experiencing.

While there are many factors going into our technological advances, corporations are the driving force behind our rapid technological advancement and the resulting changes in the social landscapes across the globe. This is where it gets interesting; traditionally it has been conservative groups that push the freedom of corporations to do whatever they want. Whereas it has traditionally been the role of the liberal groups to try and regulate corporate actions. Therefor; we are in a loop in which corporations with the backing of conservatives to do what they want create ever increasingly more advanced technology that changes our society in a way that makes people feel afraid of the unknown so they vote for the parties that represent traditional values and the making of boundaries which in turn repeats the cycle. So it seems to me that as technology advances it will strengthen the right wing parties across the globe. Perhaps this isn’t such a surprise since the last time there was a lurch to the right was after the industrial revolution and the resulting social and political changes brought on by the rapid technological advances of that time.

This may all sound like I am arguing that right wing parties are good for the development of new technologies. Yes, and no, right wing parties tend to cut funding to education and scientific research. It’s one of the methods to slow down change. The difference between government funded research and corporate research is significant. The most significant point is that government funded research is not for profit. That means they will be working on theories that won’t seem significant for another forty years but once they are integrated into the collective conscious will be profound. While the corporations are working on research for the purposes of immediate profit which means improving specific technology. That means that if the regular improvement of specific technologies is creating such rapid social changes that humans are naturally shifting to the right in response and the policies of the right favour the over specialisation of profitable technology over research for the sake of research than the global society will be uneducated but highly advanced at the same time. This could prove quite problematic.

It would be great to hear others thoughts on the topic.

接続できるものはほとんどありませんでした。 私は社会学者ではないので、間違っているかもしれません。 最近、私はジョーダン・ピーターソンを聴いています。 彼はトロント大学の心理学教授です。 彼の講演の一つで、彼は保守的な脳とリベラルな脳の違いに言及した。 保守派は秩序が高い傾向があると彼は言った。 彼らは物事をそのまま好きで、物事の間に境界線を置きたい傾向があります。 自由党は秩序がそれほど高くない傾向があり、物事を開く傾向があります。 彼らは、現在の状況を改善するために、システムを変更し、代替案を模索する傾向があります。 これは私が読んだ他の何かを思い出させた。 すみません、どこで読んだのか覚えていません。 物事があまりにも速く変化していると認識されているとき、極端な保守主義が成長すると言われました。 言い換えれば、急速な変化があるとき、人々は変化に対抗するために保守派にシフトする傾向があります
私たちの技術の進歩には多くの要因がありますが、 企業は私たちの急速な技術の進歩と世界中の社会的景観の変化の背後にある原動力です。 ここが面白いところです。 伝統的に、 企業の自由を押して何でもやりたいと思うのは保守的なグループでした。 従来、 企業行動を試み、 規制することは自由主義者グループの役割でした。 そのため私たちは、 保守派の支援を受けた企業が、 人々が未知のものを恐れるような方法で社会を変える、 ますます高度な技術を生み出し、 伝統的な価値を代表する政党に投票するループにいますサイクルを繰り返す境界の作成。テクノロジーが進歩するにつれて、 世界中の右翼政党が強化されるように思えます。 恐らくこれはそれほど驚くことではないでしょう。 なぜなら、 最後に右への急降下があったのは、 産業革命と、 その当時の急速な技術進歩によってもたらされた社会的および政治的変化の後だったからです。 
これはすべて、 右翼政党は新しい技術の開発に適していると主張しているように聞こえるかもしれません。 はい、いいえ、右翼政党は教育や科学研究への資金を削減する傾向があります。 変更を遅くする方法の1つです。政府の資金による研究と企業の研究の違いは重要です。 最も重要な点は、政府資金による研究は利益のためではないということです。 つまり、彼らは今後40年間は重要ではないと思われる理論に取り組んでいますが、 いったん集団意識に統合されると深遠になります。 企業が特定の技術を改善することを意味する即時の利益の目的で研究に取り組んでいる間。 つまり、特定の技術の定期的な改善が急速な社会的変化を生み出している場合、 人間は自然に対応して右にシフトし、右の政策はグローバル社会よりも研究のための研究よりも収益性の高い技術の専門化に有利であることを意味します教育を受けていないが、 同時に非常に高度になります。 これは非常に問題があることが判明する可能性があります。


トピックに関する他の人の意見を聞くのは素晴らしいことです。

I love when it snows because… 雪が降るのが大好きです

… when it snows all the unimportant rules we usually have to follow disappear. When it snows we all become rational and forgiving beings. It’s a beautiful moment where we can see our true humanity.

...雪が降ると、私たちが通常従わなければならない重要でない規則がすべて消えます。雪が降ると、私たちは皆合理的で寛容な存在になります。私たちの本当の人間性を見ることができる美しい瞬間です。