English Resources Book Review Part 2

Presenting the Oxford Reading Tree

The oxford reading tree is a fantastic reading resource for kindergarten to the end of elementary school. The series follows Chip, Biff and Kipper’s family. Most of the stories are short everyday family events with a little joke at the end. The humour is British humour so I have often had my students puzzled by the joke but they always want to read more. The early stages of the series are very repetitive and easy to read. This helps build the students confidence as they recognise the reading pattern for the story. Parents who don’t have much English ability but still want their children to learn english can read these to their kids without much difficulty. As the levels get higher there are more sentences added progressing the students’ reading naturally.

There are a lot of additional resources for teachers. My favourite extra is that you can get the series in big book format for a reasonable price. This makes for a good in class reading activity. You can get reading packs for a reasonable price. Or you can bulk the first six books from each level in two batches:


グーグルによる翻訳

オックスフォード読書ツリーは、幼稚園から小学校の終わりまでの素晴らしい読書リソースです。このシリーズは、チップ、ビフ、キッパーの家族に続きます。物語のほとんどは、最後に少し冗談を言っている短い毎日の家族のイベントです。ユーモアは英国のユーモアなので、私はよく生徒たちに冗談に戸惑わせましたが、彼らはいつももっと読みたいと思っています。シリーズの初期段階は非常に反復的で読みやすいです。これは、生徒が物語の読み方を認識するときに自信をつけるのに役立ちます。英語力はあまりないけれど、子供たちに英語を学んでもらいたいという親は、子供たちに難なく読むことができます。レベルが高くなるにつれて、生徒の読書を自然に進めるために追加される文が増えます。教師向けの追加リソースはたくさんあります。私のお気に入りの追加機能は、シリーズを大きな本の形式でリーズナブルな価格で入手できることです。これは、クラスでの読書活動に役立ちます。リーズナブルな価格でリーディングパックを手に入れることができます。または、各レベルの最初の6冊を2つのバッチにまとめることができます。