Book Recommendations part 4

Ladybird Readers Peppa Pig


以下の日本語版

Peppa'sFavouriteStories(10冊入)ペッパーピッグ英語絵本English読み聞かせプレゼントギフト

Peppa Pig is a long running TV show which I also recommend to English language learners as each episode is only about five minutes and it’s easy to understand the story. The actors are also all well spoken, so if you follow their pronunciation then you will do well for yourself.

Enough about the TV show. This article is to talk about the ladybird reader series’ adaption of the peppa pig episodes. I recommend these books for a number of reasons. First, you can read the book and then watch the episode of TV. It’s a great way to help second language learners follow the spoken English. Second, The ladybird reader series always includes a picture dictionary of the words in the book to help your child or student learn how to read that word. Third, peppa pig’s design and storylines are enjoyable for children. I am yet to meet a child who isn’t taken in but the character design or the storytelling.

The Ladybird reader series is good in general. It also includes a range of fairytale adaptions and other famous stories. Since it is a reader series it means that they have leveled the language used. Starting from level one you can quickly build up your reading skills. In addition, ladybird publishing also offers a lot of teaching resources to go along with this series so if you are a teacher you can safe yourself a lot of time and effort.

Image result for ladybird readers
グーグル翻訳で翻訳

ペッパピッグは、各エピソードが約5分で、ストーリーを理解しやすいので、英語学習者にもお勧めする長期にわたるテレビ番組です。俳優もみんなよく話されているので、彼らの発音に従えば、あなたは自分自身のためにうまくいくでしょう。
テレビ番組についてはもう十分です。この記事は、テントウムシリーダーシリーズのペッパピッグエピソードの適応について話すことです。私はいくつかの理由でこれらの本をお勧めします。第二言語学習者が話された英語に従うのを助けるための素晴らしい方法。第二に、テントウムシリーダーシリーズには、子供や生徒がその単語の読み方を学ぶのに役立つ、本の中の単語の画像辞書が常に含まれています。第三に、ペッパピッグのデザインとストーリーライン私はまだ、キャラクターデザインやストーリーテリング以外に取り入れられていない子供に会っていません。テントウムシリーダーシリーズは一般的に良いです。また、おとぎ話の適応やその他の有名な物語の範囲が含まれています。読者シリーズなので、使用する言語を平準化したことを意味します。レベル1から始めて、すぐに読解力を高めることができます。さらに、テントウムシ出版は、このシリーズに沿った多くの教育リソースも提供しているので、あなたが教師であれば、多くの時間と労力を費やすことができます。

English Resource Recommendations part 3

Usborne See Inside How Things Work

Do your children want to know how everything works? This is the book for you.

Usborne publishing’s book See Inside How Things Work is a fantastic book for helping your child understand how daily objects work. It focuses on five simple inventions that can be found in almost every invention: the wheel, the screw, the wedge, the lever and the inclined plane. Each page is dedicated to a different group of inventions including waterworks; musical instruments; cars and trucks; and flying to name a few. The book does a fantastic job of explaining how simple machines work to make complex systems.

The book is aimed at ages six and older which means that the language is quite simple but can entertain much older children as well. I have personally used this book in my kindergarten and elementary school classes to great success. While they may have only understood half the words they simple diagrams and wording meant they could still get a feel for what was being said. Even the older children learnt things they did not know.

The book is part of a larger series called lift-the-flap books. The whole series covers a wide range of non-fiction and fictional topics. If your children wants to know how something works there is a book in this series for them. With over one hundred and fifty books ranging from space, your body, and dinosaurs to the water cycle, jobs, and the Roman empire.

The books are easy to access aimed mostly at children from the age of 5 but have enough information information to easily keep older children entertained. This also means that the book is appropriate for English language learners too.

If you want to spark your children’s curiosity. Or if your child is already curious about the world and asks a lot of why questions this book and perhaps the whole series is for you.

Mental Models and High School English

A mental model is the way we think about the world. They are beliefs, values, thoughts and feelings that we have about the world that have come from our society, our culture, our family and our friends. They are things that we don’t question because they have become part of who we are. This isn’t a bad thing. It is part of being human, however it is important to understand our mental models so that we can choose which models are the best for us. For example, I am Australian so I am very flexible about time. I am currently living in Japan which has a very rigid perspective on time. Since I am living in Japan I have found it essential to change my mental model knowing that if I don’t I will upset the people around me.

An amazing part of travelling is that you get a chance to question those mental models. When we visit another country we see a country with a different set of mental models. Some are similar to ours but there will always be differences. When we come into contact with another culture we can reflect on our own and learn more about ourselves and how we think about the world.

Not all of us can travel though, but we can still learn a language. A language is a form of mental model. It holds the way a group of people see and think about the world. In learning a language we can learn about different ways of seeing the world. In doing so we can understand our own life and upbringing. In this we can come to better understand our culture. We can appreciate the cultural ways of thinking that bring us a happier life and we can shed the ways of thinking that haven’t.

One of the interesting things about learning English is that it holds a wider range of perspectives than usual languages since it is truly a global language. Every nation with English as its national language has its own unique culture that changes the way English is used. Australians, people from the US, Canadians, New Zealanders, South Africans, Singaporeans to name a few all have their own mental models. You don’t just learn about one culture or one way of thinking. When you add that to the number of countries that learn English as a second language then you really gain a sense of just how many cultures are contributing to the mental modes available in English.

This brings me to the second part of this article’s title, high school English. I’ve been lucky enough to be able to observe the way English is taught in high schools in Japan. One of the things I noticed is that English language despite being a different way of seeing the world is being taught as a way of reinforcing Japanese perspectives. To repeat that, the subject English in Japan is used to teach Japanese moral education. I would not be surprised to find that that our countries treat language education the same way.  This means that a major benefit to learning a language, the chance to reflect on our own society and our own ways of thinking, has been removed.

To conclude, when you teach a language you should include the way that native users of that language think and why they speak the way they do. In doing so we can work towards creating a better way of living in which we combine the mental models of the world’s cultures.

 

Google Translate:

精神モデルは、私たちが世界を考える方法です。彼らは、私たちの社会、文化、家族、友人から来た世界についての信念、価値観、思考、感情です。彼らは私たちが誰であるかの一部になっているので、私たちは疑問に思っていないことです。これは悪いことではありません。それは人間であることの一部ですが、どのモデルが私たちのために最適であるかを選択できるように、私たちの精神モデルを理解することが重要です。たとえば、私はオーストラリア人なので、時間に関して非常に柔軟です。私は現在日本に住んでいますが、これは非常に厳格な視点を持っています。私は日本に住んでいるので、私の心のモデルを変えることが不可欠であることを知っています。

旅行の驚くべき部分は、あなたがそれらのメンタルモデルに疑問を呈するチャンスを得ることです。私たちは別の国を訪問するとき、異なる精神モデルを持つ国を見る。いくつかは私たちに似ていますが、常に違いがあります。私たちが他の文化と触れ合うとき、私たちは自分自身に気づくことができ、自分自身についてもっと学び、私たちが世界についてどのように考えるかを学ぶことができます。

英語を学ぶことに関する興味深い点の1つは、それが本当にグローバルな言語であるため、通常の言語より幅広い視点を保持していることです。国語としての英語を持つすべての国は、英語が使われる方法を変える独自の文化を持っています。オーストラリア人、アメリカ人、カナダ人、ニュージーランド人、南アフリカ人、シンガポール人の人たちは、それぞれ独自の精神モデルを持っています。あなたはただ一つの文化や考え方を学ぶだけではありません。それを第二言語として英語を学ぶ国の数に加えれば、あなたは英語の精神的なモードに貢献している文化の数を実際に知ることができます。

これは、この記事のタイトル、高校の英語の2番目の部分に私をもたらします。私は日本の高校で英語を教える方法を観察できるほど幸運でした。私が気づいたことのひとつは、世界観を見る方法が違うにもかかわらず、英語が日本の視点を強化する方法として教えられていることです。それを繰り返すために、日本の英語は日本語の道徳教育を教えるために使われます。私たちの国が語学教育を同じように扱っていることに驚くことはありません。これは、言語を学ぶことの大きなメリット、自分の社会や自分の考え方を反映する機会がなくなったことを意味します。

結論として、あなたが言語を教えるときには、その言語のネイティブユーザがどのように考えているのか、そして彼らが自分のやり方を話す理由を含めるべきです。そうすることで、私たちは世界の文化の精神モデルを組み合わせて、より良い生活の方法を作り出すように働くことができます。

Meet Mamiko

Our friend and a past student of mine talks about her experience in Australia. Including why she went there and why she thinks others should learn a language in another country.

Thank you Mamiko

 

Here is what she said in Japanese:

こんにちは、まみこです。今からオーストラリアでの留学について話します。私は6カ月の間、滞在していました。なぜいろんな国の中からオーストラリアを選んだのか?

なぜアメリカやヨーロッパではないのか?

私が英語を学ぶためにオーストラリアを選んだのには理由があります。

まず、私が小さい頃、小学校の先生をしている私の叔父がブリスベンに留学していました。私はとても彼を尊敬しており、一度はオーストラリアに行って見たいと思っていました。

そして、オーストラリアにはたくさんの違う人種、国籍の人がいます。私は、ヨーロッパ人、韓国人、中国人、その他のアジア人 なとたくさんの人を見ました。

私のように自信をつけたい、英語を流暢にはなせるようになりたいという人々を多く見たことが私の英語の上達への意欲をかきたてました。

それとは別に、理由があります。私は希望の大学に行く事ができませんでした、さらに将来、何をしたいか決まっていませんでした。

私は家族、特に母に感謝しています。彼女は私の留学のために力を貸してくれ、勇気づけてくれました。これらが英語を使う仕事をしたいと思わせてくれました。

そして、私は友達、ホストファミリーのおかげで、素晴らしい時間をブリスベンで過ごせました。日本からはるかに遠い家、家族も見つけることができました。そして先生方とクラスメイトと共に英語の勉強もICTEで楽しんですることができました。授業はとても面白かったです。クラスメイトのみんなは、英語の上達にベストを尽くす上で、それを楽しんでいるように見えました。私の先生、サムはゆっくり英語を話し、わかりやすく単語や文法を説明してくれました。そのおかげで授業を理解し、ついていくことが出来ました。そして彼は家に生徒を招いてバーベキューを開いてくれました。それは、外国人と交流するとても良い機会でした。私はよく先生の子供の面倒をみる為に先生の家にお邪魔していました。私はとても嬉しかったです。なぜなら彼らを日本にいる家族のように思えたからです。

これはネイティブと話せる機会でした。私はブリスベンでたくさんの人、友達と知り合うことができました。

もし将来何をしたいか決まってない人がいたら、興味があることを見つけて、挑戦するべきだと思います。私は英語が好きで、それが私を変えるきっかけになりました。変わることはできます。挑戦はチャンスです。だから、恐れずに挑戦するべきです。

留学はより成長するため、できることをみつける為の私にとって素晴らしいチャンスとなりました。

 

良い一日を。ご静聴ありがとうございました。

 

Have you learnt a language overseas?

Do you want to learn a language overseas?

Tell me about your experience in the comments